江戸小町 昭和の名曲 おんなの海峡

【第十三回】 江戸小町が語る 昭和の名曲『おんなの海峡/都はるみ』

荒木とよひさ最後の愛弟子!
江戸小町さんによる連載企画(・∀・)

『江戸小町が語る 昭和の名曲』

第十三回となる今回は・・・
1972年10月10日発売、女性の悲哀を歌った都はるみさんの代表曲『おんなの海峡』
曲への思いや歌い方を解説してもらいます。


スポンサーリンク

『おんなの海峡』

2017年最後の曲は
都はるみさんの「おんなの海峡」です。

この楽曲は、映画【男はつらいよ】でも
ラストに歌われています。

演歌の中でも暗めの、そしてリズムもゆったり
低いところから高いところへのキーチェンジ。
なかなか難しい歌なのですが
わたしは寅さんも好きですし、
都はるみさんも好きなので
大好きな一曲です。

🎶別れることは 死ぬよりも
🎶もっと淋しい ものなのね

ここまでは、つぶやき節ですね。
🎶別れる の【わ】は
文字にすると【わ】ではなく【ふわぁ】って
感じにぼんやり歌いはじめた方が雰囲気でます。

そして
毎回言ってますがゆったりめの歌は本当に
息を吸う所がポイント。

🎶別れることは 死ぬよりも

歌手は、ひと息で歌えてしまうのですが
より安全に確実に歌うなら

🎶別れる◯ことは◯ 死ぬよりも
🎶もっと◯淋しい◯ものなのね

こんな風に息を細かく吸うと良いです!
細かくね。

よくステージが終わったあとにね
皆さんに
どうやったら声がたくさん出ますか?とか
どうしたら上手く歌えますか?って
質問を頂くことがあります。
わたしなんかが偉そうに答えられないんですが(笑)

わたしは、きちんと息を吸って
次の節に繋げる事を心がけていると答えます。

わたし、結構細かく息を吸って歌ってます。
気づかれないようにしていますが(笑)
だから、たくさん声も出せるし
息をはきながら歌っているので音程も崩れにくい。

安定した歌を歌えるってことが
一般的には上手に聞こえるのかなと思います。
もちろん、好き嫌いもあるので
これが絶対というのはないんですが!

話が少し脱線しましたが歌詞に戻ります!

🎶東京をすてた 女がひとり
🎶汽車から船に 乗りかえて

このあたりがキーが高くなるので
地声とファルセットを交互に使えれば
綺麗に仕上げられますね。
無理なら全部、ファルセットをお勧めします!
歌の雰囲気的にね。
だって地声って
力強くなっちゃう。(わたしだけかな?笑)

地声でもキーーーンって感じじゃなくて
上顎で歌うような地声なら良いかもね。

🎶北へ ながれる…夜の海峡

ここは息の入った声で歌えたらいい!
北へ の所ね。

都はるみさん風に歌いたいなら
夜の は、【る】の所、巻舌も使いたいね。

🎶雪が舞う

【雪】の ゆ が、一番キーが低いところ!!!
大切に歌って下さい!

やっぱり失恋系演歌は北へ行きますね。

北へ旅をしたら何か発見できるのかな?
経験値アップのために、
2018年は北へひとり旅を
やってみようかな。

次回掲載は2018年1月22日(予定)

■新曲情報はこちら



スポンサーリンク

演歌・カラオケの専門店 楽園堂

投稿者: gakuendo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です