【第九回】 江戸小町が語る 昭和の名曲『舟唄/八代亜紀』

荒木とよひさ最後の愛弟子!
江戸小町さんによる連載企画(・∀・)

『江戸小町が語る 昭和の名曲』

第九回となる今回は・・・八代亜紀さんの代表曲『舟唄』!
曲への思いや歌い方を解説してもらいます。


スポンサードリンク

『舟唄』

なかなか演歌って年代によって聴かない人が
多いけど
知ってる演歌、言ってみて?って
言ったら
「舟唄」は出るんじゃないかな、というくらい
耳馴染みのある歌でしょう。

あまりステージでは歌った事がなかったけど
先日リクエストを頂いて歌わせて頂きました。

演歌の絶対的、世界観溢れるこの楽曲は
演奏も静か。
淡々と歌わなければいけないので
難しい。味で勝負しなきゃいけない。

それにとても情景が思い浮かぶ歌詞

だけど歌詞の中に

主人公がどんな人なのか
今までどんな事があったのか

そういう表現はないから
誰もが主人公に憑依できる歌なのかもしれない。

しみじみ
ほろほろ
ぽつぽつ

こういう歌詞は変に感情は入れないで
歌った方がスマートです。

♫沖の鴎に〜
ここからはちゃんと歌う感じでね。

それ以外は、自分に語りかけるように。

お酒を飲みながら、
夢うつつでぼやいているような?

歌詞も視感的なので情景が想像しやすい!

けれど
リズムがゆったりめで
音の幅も少ない歌はちょびっと難しいです。

音を良く聞きすぎて歌えば
後ろが重ためなカッコ悪い演歌になるし、

早く歌いすぎたら、味のない歌になる。

とりあえず言いたい事は
八代亜紀さんの舟唄だから良い歌なの。

他の誰かが歌っても越えられないの(笑)

『舟唄』は、歌うよりも聴く曲かもね。

収録曲
1. 舟唄
2. 愛の終着駅
3. 舟唄(カラオケ)
4. 愛の終着駅(カラオケ)

2006年4月26日発売

次回掲載は2017年9月22日(予定)

■新曲情報はこちら



スポンサードリンク

演歌・カラオケの専門店 楽園堂

投稿者: gakuendo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です